フェミプロバイオ

    
     

妊娠中にカンジダがどうしても気になった

掃除をする妊婦
初めまして、府中市に住んでいる現在妊娠3ヶ月目に入った28歳の主婦です。

 

突然ですが、皆さんはカンジダにかかったことはありませんか?妊娠してからというものカンジダがどうしても気になってましたが、バッチリ解決する方法を見つけてしまいましたので皆さんと共有したいと思います。

 

再発しやすいカンジダ膣炎は4人に3人は発症する身近な病気です。私もかかったことがあるので、「そういえば私、カンジタ持ちだったな」って妊娠してからずっと気になってたんです。

 

妊娠する前も、ちょっと疲れた時などしょっちゅう再発していました。白いおりものが出て、外陰部がヒリヒリ痛痒い・・・

再発すると頻尿気味になるのに、おしっこも出にくくなるし本当にストレスでした。

 

ただでさえ嫌なカンジダの再発ですが、妊娠してからは赤ちゃんに対する影響が気になりました。

 

カンジダで流産するのか気になる

妊婦にとって一番恐ろしいのは、流産、死産です。家で悩んでいても仕方がないので、図書館で調べたところ、まず妊娠中発症しても赤ちゃんに悪影響が及ぶとは限らないことが分かりました。

 

カンジダのせいで流産や死産になる恐れはないことが分かり、ひとまず安心しました。

母子感染し、奇形や胎児死亡の発症率が上がる可能性があるのは、主に梅毒や淋病など。想像するだけで本当に恐ろしいです。

 

ただし、カンジダも油断大敵です。出産間際まで症状が出ている場合は、自然分娩では約10%の確率で胎児が感染してしまいます。

生後1週間ほどで口の中や股が白くなる鵞口瘡(がこうそう)と呼ばれる独特の症状が現れます。

 

皮膚炎や深刻なおむつかぶれになることもあるようです。症状によっては、0歳から抗真菌薬を塗って治療しなければいけません。

抗真菌薬の塗り薬は紅班や痒みなどの副作用を伴います。「赤ちゃんをお手入れするクリームはできるだけ無添加で!」と考えていた私にとって、かなりショックでした。

 

妊娠中にカンジダになる確率は30~40%


妊娠中、特に妊娠後期は絶対にカンジダを再発させてはいけない、と決心しました。

資料によると妊娠中にカンジダが発症する確率は30~40%と高く、普段以上に再発しやすくなることが分かりました。

 

確かに妊娠中は免疫力も下がります。おりものも増えて体温も高くなるので、膣の周りも蒸れやすくなります。

また、実際に妊娠してみて、いつもよりストレスを感じやすくなっていることを実感しました。

 

人の言動にも過敏に反応し、イライラ、クヨクヨすることが増え、精神的にデリケートになっていることを自覚しています。

つわりがまだ続いていることも、メンタル面の不調に影響しているのかも知れません。

 

いずれにしても、ストレスも再発の引き金になるので、妊娠中いつカンジダが再発しても不思議ではないと強い不安を感じました。

カンジダには治療薬もありますが、治るのに10日間ほどかかります。これでは予定日直前に再発したら間に合いません。

 

膣の奥は赤ちゃんと繋がっているのに、膣の中に薬を入れるのも抵抗を感じます。

規則正しい生活など再発を予防する対策は色々ありますが、正直ちょっと不確実ですよね。

 

これからむしろ睡眠や食事面が不規則になる可能性も強いだろうな、と予想した私は、もっと確実に再発を予防できる対策はないものか、真剣に探し始めました。

 

病院で勧められたカンジダの予防サプリ

素人が読める図書館の資料にも限界があるので、「プロに分かりやすく教えてもらおう」と病院で相談することにしました。

現在通院している産婦人科はサプリに肯定的で、以前「中々妊娠しないけれど不妊治療には抵抗がある」と相談したところ、葉酸サプリを勧めてくれました。

 

葉酸には妊娠しやすい体内環境を整えてくれる効果もあるそうです。葉酸サプリの影響か、その後しっかり妊娠できたのでアドバイスしてくれた木村先生にとても感謝しています。

 

病院が勧めるサプリもあることが分かったことは、大きな発見でした。木村先生にカンジダのことを相談してみたところ、予防する効果があるフェミプロバイオと言うサプリを紹介してもらいました。

 

フェミプロバイオがカンジダ予防に効くメカニズム

木村先生の説明によると

 

デーデルライン桿菌が膣内にしっかり存在していればカンジダ膣炎は発症しません。その為には、日ごろからデーデルライン桿菌を補給する事が大切です。

フェミプロバイオというデーデルライン桿菌専用のサプリメントがあるから飲んでみたら。デーデル桿菌は乳酸菌の一種なので副作用もないから安全ですよ。

 

とのことです。木村先生いわく、抗生物質を使うと膣の中のデーデルライン桿菌も死んでしまうので、再発しにくい体質になるには予防対策に力を入れることが大切だそうです。

 

デーデル桿菌は膣内を酸性に保つため、外から悪い細菌が侵入しても繁殖することができません。ただ、膣内のデーデルライン桿菌が少ないと膣の中がアルカリ性になるので、カンジダ菌など細菌が繁殖しやすい環境になります。

 

妊娠中に気になるフェミプロバイオの副作用は?

疑り深い性格なので、自宅に帰ってからフェミプロバイオの副作用を改めて調べました。

実際にフェミプロバイオを飲んでいる方の口コミ情報も一通りチェックしたところ、ネガティブな意見は見当たらず。

 

木村先生に説明された通り、乳酸菌サプリなので、一般的なカンジダ治療に処方される抗真菌薬のような副作用が現れる心配はないことが分かりました。

毎日デーデルライン桿菌をたっぷり補うことで、膣が元々持っている自浄作用を高め、カンジダの再発を予防することができます。

 

デーデルライン桿菌は、これまで抗生物質を使った治療、ストレスや過労などで激減するそうなので、カンジダ治療を何度も受けている私はさぞ減っているだろうな、と心配になり、フェミプロバイオを飲むことにしました。

 

フェミプロバイオは薬局で市販されてる?

フェミプロバイオを教えてくれた産婦人科では売っていなかったので、アマゾンや楽天で検索してみました。薬局では販売されていないそうで、入手できるのは通販のみです。

やはり口コミとして信頼できるのは楽天より Amazon のレビューです。フェミプロバイオ アマゾンで検索すると販売されていました。
>>> https://www.amazon.co.jp/femiprobio

 

アマゾンのレビューの評価は?
件数は103件 あってほとんど評価5と4です。(2017年10月現在)
>>> https://www.amazon.co.jp/femiprobio/review

 

レビューをチェックしてみると、やはりカンジタ再発に色々効果があることが分かります。
カンジダに効くというレビューが 32件
>>> https://www.amazon.co.jp/femiprobio/candidareview

 

デリケートゾーンの臭いが気にならなくなったが 8件
>>> https://www.amazon.co.jp/femiprobio/delicatezonereview

 

膣炎が治った。膣炎を再発しなくなったが 12件
>>> https://www.amazon.co.jp/femiprobio/chitsuenreview

 

オリモノの量が減ったが 5件
>>> https://www.amazon.co.jp/femiprobio/orimonoreview

 

乳酸菌なのでもしかしたら便秘にはどうなのかな?って思って口コミを調べてみたら、結構効果あるみたい。
便秘が治ったが 11件
>>> https://www.amazon.co.jp/femiprobio/benpireview

 

価格は5,380円に840円の送料で合計6,220円。そして最安値を調べてみると、もっと安いサイトで送料が無料になる購入ルートも発見しました。フェミプロバイオの販売店、ビューティーアンドヘルスリサーチが最安値です。

 

フェミプロバイオは販売店が最安値は?

ドクターズチョイスのフェミプロバイオは、メーカーが直販しているビューティーアンドヘルスリサーチで買うのが一番安いです。
>>> https://bandh-r.org/su-dc-fmpb.html

 

定期購入なら1ヶ月分が5%オフの4,400円、送料もかからないのでAmazonよりも1,820円も安く買えます。

 

産後も含め約1年間飲むと計算しても、アマゾンより年間21,840円も節約することができます。

しかも販売店なら90日間の全額返金保証サービスもつきますし、24時間年中無休で相談できるサービスもあり、もしもの時には頼りになります。

 

Amazonでクリックしなくて良かった・・・と思いました。初めての購入でちょっと心配だったので、コンビ二後払いで買うことができたのも良かったです。

「届くまで時間がかかるのかな」と覚悟していましたが、意外と早く5日ほどで商品が届いたので余計好感度がグンとアップしました。

 

フェミプロバイオは飲み方簡単で成分も予想以上に素晴らしい

購入したフェミプロバイオ

フェミプロバイオを飲み始めてから、1週間ほどで効果を実感し始めました。確実にオリモノの量が減り、今のところカンジダも発症していません。

ようやく心の平安を取り戻すことができました。どうかこのまま発症せずに無事赤ちゃんが生まれますように・・・。

 

私はもともと便秘気味ではないので何とも言えませんが、便も相変わらず快調です。妊娠中は細かいことが気になるので、「飲んでるから大丈夫」と言う安心感を得ることも大切ですよね。

 

飲み方と言っても1日1粒飲むだけで良いので、他にも葉酸サプリなど飲まなくてはならない私にとって、とても飲みやすいサプリです。

 

たった1粒の中に、デーデルライン桿菌の中でも女性にもっとも重要な4つの乳酸菌、ラクトバチルス・ラムノーサス菌、ロイテリ菌、アシドフィルス菌、プランタラム菌が20~45億個も凝縮されています。半端ない!

 

カンジダ対策に効く種類の乳酸菌を1つにまとめ、たっぷり配合しているサプリを知ることができて私は本当にラッキーでした。

今まさにフェミプロバイオを飲もうか迷っている方もいらっしゃるかも知れません。このサイトがカンジダを心配している妊婦さんの参考になればとても嬉しいです。

 

PAGE TOP